メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

PSG、イカルディの移籍後初得点でガラタサライに勝利…長友は77分までプレー

情報提供:サッカーキング

イカルディの貴重な先制点は決勝弾に [写真]=Getty Images
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が10月1日に行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とガラタサライが対戦した。ガラタサライに所属する長友佑都はスタメン出場を果たし、77分までプレーした。

 試合は序盤からPSGが主導権を握る展開に。10分、右サイドを駆け上がったトーマス・ムニエのグラウンダークロスにアンヘル・ディ・マリアが合わせるも、フェルナンド・ムスレラに防がれてゴールならず。その後もPSGはボールを握って攻め続けるも、なかなかゴールに結びつかない。前半はこのままスコアレスで終了した。

 後半に入っても試合はPSGペースで進む。52分、マルコ・ヴェラッティのパスでDFラインの背後へ抜けたパブロ・サラビアが中央へ折り返すと、中で待っていたマウロ・イカルディが左足で押し込む。イカルディのPSG加入後初ゴールで、アウェイチームが先手を取った。

 PSGは61分にキリアン・ムバッペを投入し、攻勢を強める。76分にはエリック・マキシム・チュポ・モティングとのパス交換から抜け出したムバッペが左足で狙うも、またもムスレラが弾き出しゴールならず。

 試合はこのままタイムアップを迎え、PSGがCL開幕2連勝を飾った。次節は22日に行われ、PSGは敵地でクラブ・ブルージュと対戦する。一方、ガラタサライはホームにレアル・マドリードを迎える。

【スコア】
ガラタサライ 0-1 パリ・サンジェルマン

【得点者】
0-1 52分 マウロ・イカルディ(パリ・サンジェルマン)

【関連記事】
●前半まさかの2失点も…レアル、S・ラモス&カゼミーロ弾でドローに持ち込む
●来季CL決勝、舞台はサンクトペテルブルクに! 13年ぶりのロシア開催
●グティ氏がCLで大敗の古巣に“喝!” 「PSGは3人のスターが欠場したのに…」
●トゥヘル監督、カバーニやイカルディら負傷者についてコメント
●今夏PSGに移籍したK・ナバスが古巣に言及「レアルの誰に対しても憤りはない」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです