メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

白井光子 行間から詩人の念読み ドイツ・リートに思いを乗せて

メゾソプラノ歌手の白井光子さん=尾籠章裕撮影

 詩と音楽を融合させるドイツ・リートの第一人者が、シューベルトからマーラーまでを網羅したコンサートを東京で開く。世界を股に掛け、昨年は旭日小綬章とカナダ・ビクトリア大の名誉博士号を同日に受けた白井光子。磨き抜いたメゾソプラノを白秋の空気に響かせる。

 ■   ■

 独カールスルーエ音大などで指導にも当たっているが、楽譜から拍子をつかめない学生が存外に多いのだという。シューベルトとマーラーでは「音と音の間の重さや大きさ」が異なる、と白井。「まずは作曲家それぞれの心音というか、スケールに合わせること。先日、どうしても軽い声が出ない学生に、重い物を持って歌ってもらい、次に軽い物を渡してみたら、シューベルトの声になりました。『間』ということでは休符も重要です。単なる息継ぎではなく、そこに空白が置かれた意味を考えなければ」

 声楽の特徴は、音に言語すなわち意味が乗ることだ。独語を独語のまま血肉化しなければリートは歌えない。…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1196文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです