メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金魚ねぷた、ハロウィーン用に 初めて制作、発売 津軽藩ねぷた村 /青森

新発売されたハロウィーンの金魚ねぷた=弘前市の津軽藩ねぷた村で

 ハロウィーンをイメージした金魚ねぷたの発売が1日、弘前市の物産観光施設「津軽藩ねぷた村」で始まった。初めての制作で、オレンジ色のカボチャの色合いに、頭には魔女の帽子、尾ひれの部分には表情豊かな3種類のゴーストの絵を描き、かわいらしさを表現した。

 ねぷた村の職人、檜山和大さん(46)は「ハロウィーン…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです