メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ろうあ者ボウリング、須賀川の国分さん夫妻 来月のアジア選手権に向け練習の日々 /福島

アジア選手権に向けて練習する国分金寿さん(手前)と妻の基子さん=福島県郡山市富久山町八山田で

夢は2人でデフリンピック

 台湾の桃園市で8月に開催された「第4回世界ろう者ボウリング選手権大会」に須賀川市の会社員、国分金寿(きんじ)さん(59)と妻の基子さん(55)が日本代表として初出場した。金寿さんが総合35位、基子さんは同36位と世界の壁にはね返されたが、課題も見つかった。夢は聴覚障害者の五輪「デフリンピック」出場。現在は11月に香港で開幕するアジア選手権に向けて練習を重ねている。【磯貝映奈】

 「思うように投げられず不満が残った。体格だけでなく、技術面でも差を感じた」。夫婦一緒に迎えた初の大…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1204文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭、金銭トラブルか 命に別条なし

  3. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  5. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです