メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「健やかに」千歳飴に願い込め 七五三祝祭へ準備着々 三島・三嶋大社 /静岡

紅白の飴を詰める巫女ら=静岡県三島市大宮町の三嶋大社で

 七五三シーズンを前に、三島市大宮町の三嶋大社で2日、巫女(みこ)や神職、婦人会の女性ら約40人が紅白の千歳飴(ちとせあめ)を袋に詰めた。

 三嶋大社では11月15日に七五三祝祭があり、今月下旬から祝祭にかけての週末に多くの家族連れが訪れる見込み。例年約4000人が参拝に訪れるという。祈とう初穂料は1…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです