メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災被災後の取り組み、映画で描写 12日から神戸で「Workers」 /兵庫

 東日本大震災の被災地で、地域に必要とされている事業を地元の人たち自身がお金を出し合い協同運営する姿を追ったドキュメンタリー映画「Workers 被災地に起(た)つ」が、県内では初めて、12日から神戸市中央区元町通4の元町映画館で上映される。

 岩手県大槌町、宮城県気仙沼市、亘理町、登米市を舞台に、2016年2月から約2年をかけて撮影された。震災…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の男性重体 和歌山

  2. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです