メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竹田高校「ミニ生命のメッセージ展」 工藤剣太さんら語り継いで 事件事故犠牲者の遺品も展示 /大分

工藤さんの写真や両親のメッセージを見つめる生徒ら

 竹田市の県立竹田高校で、命の大切さを訴える巡回展「ミニ生命のメッセージ展」が開催された。2009年に同校剣道部の練習中に熱射病で死亡した工藤剣太さん(当時17歳)ら事件や事故など理不尽な理由で亡くなった犠牲者31人の等身大の人型パネルや写真、遺品、遺族のメッセージなどを展示。生徒ら約500人が食い入るように見つめていた。【河慧琳】

 工藤さんの人型パネルの胸元には、はにかんだ本人の写真が貼られ、両親の「剣太。ずっと、ず~っと大好き…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです