メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電2人、受領1億円超 1.6億円、返却は査察後 報告書公表

 関西電力の幹部ら20人が福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていた問題で、関電は2日、昨年9月にまとめていた社内調査報告書の詳細を公表した。金品の総額は3億1845万円相当に上り、2人が金貨やスーツも含めて1億円超を受け取っていたと判明した。町内にある関電高浜原発に関係する工事の概要を元助役に事前に伝えていたことも明らかにした。【釣田祐喜、宮崎稔樹】

 報告書によると、元助役の森山栄治氏(3月に90歳で死去)が「自分の存在感を誇示」するため、関電幹部に対して手土産や昇進祝いなどの名目で、現金や商品券、米ドル、金貨などを渡していた。土産物が入った袋の底に金品を入れて渡されるケースが多かった。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです