メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

中国新兵器の衝撃度=坂東賢治

 <moku-go>

 抗日戦争から国民党との内戦にかけて中国共産党の部隊には海軍や空軍はなかった。元々がゲリラ戦中心の部隊だから当然だ。今の中国海軍の創設は内戦末期の1949年4月とされる。国民党に反旗を翻した一部の中華民国海軍が母体になった。

 一方、空軍創設には日本が深く関わった。終戦後、関東軍航空部隊の将校を中国東北部に設置した航空学校の教官として「留用」し、パイロットを養成した。70年前に天安門広場で開かれた建国式典では、そのパイロットたちが上空を飛行した。空軍が正式に発足したのは直後の同年11月だ。

 建国後、旧ソ連からの援助で軍備近代化を目指すが、50年代後半に中ソ対立が深刻化した。そこで進められ…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです