メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院「口述記録」事業 正副議長経験談、歴史検証材料に 政治判断の背景、出来事の真相

 衆院は今月から、正副議長経験者を対象とした「オーラルヒストリー(口述記録)」事業に取り組む。政治判断の背景や政治的出来事の真相などをインタビューを通じて語ってもらい、今後の参考にするとともに、歴史的な検証の材料とするのが狙い。記録は衆院ホームページで公開する。

 事業は、既に政界を引退した正副議長が対象。在任期間の出来事に加え、生い立ちから人生全般を振り返ってもらうことで、判断の背景にあった本人の政治哲学なども明らかにする。初回は河野洋平氏(82)を予定している。河野氏は歴代最長となる5年8カ月間、議長を務め、在任中には自衛隊のイラク派遣や郵政解散などを経験している。

 インタビューは、正副議長の元秘書や公邸で勤務していた職員ら在任中に関わりのあった職員約10人が担当…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです