メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

外国人と支え合い生きる 人間として付き合おう=和田浩明(統合デジタル取材センター)

外国とつながりのある子どもたちの日本語学習を支援するNPO法人青少年自立援助センターYSCグローバル・スクールの授業風景=東京都福生市で6月17日、和田浩明撮影

 毎日新聞のウェブサイトで「支え合う『移民時代』」と題した連載を続けている。270万人を超えて増え続ける外国人住民と日本社会はどう折り合っていけばよいのか。その問いに現場で向き合う人たちの経験や知恵から学ぶためだ。4月に新在留資格「特定技能」を導入し、外国人労働者の受け入れ拡大を目指す日本政府は、外国人支援策を強化している。それだけにとどまらず、さまざまな知見を蓄積する民間の提言も積極的に活用すべきだと考える。

この記事は有料記事です。

残り1840文字(全文2047文字)

和田浩明

1991年4月入社。英文毎日編集部、サイバー編集部、外信部、大阪社会部を経て2003年10月から08年3月までワシントン特派員。無差別発砲事件、インド洋大津波、イラク駐留米軍や大統領選挙を取材。09年4月からはカイロに勤務し、11年1月に始まった中東の民主化要求運動「アラブの春」をチュニジア、エジプト、リビア、シリア、イエメンで目撃した。東京での中東、米州担当デスク、2度目のワシントン特派員などを経て2019年5月から統合デジタル取材センター。日本社会と外国人住民やLGBTなどの今後に関心がある。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです