メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

外国人と支え合い生きる 人間として付き合おう=和田浩明(統合デジタル取材センター)

外国とつながりのある子どもたちの日本語学習を支援するNPO法人青少年自立援助センターYSCグローバル・スクールの授業風景=東京都福生市で6月17日、和田浩明撮影

 毎日新聞のウェブサイトで「支え合う『移民時代』」と題した連載を続けている。270万人を超えて増え続ける外国人住民と日本社会はどう折り合っていけばよいのか。その問いに現場で向き合う人たちの経験や知恵から学ぶためだ。4月に新在留資格「特定技能」を導入し、外国人労働者の受け入れ拡大を目指す日本政府は、外国人支援策を強化している。それだけにとどまらず、さまざまな知見を蓄積する民間の提言も積極的に活用すべきだと考える。

この記事は有料記事です。

残り1840文字(全文2047文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです