メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電金品受領問題 経営責任免れず 社長「信用失墜、多難」

関西電力本店=大阪市北区で9月扢日、本社ヘリから大西達也撮影

 関西電力の幹部ら20人が福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(故人)から3億2000万円相当の金品を受け取っていた問題で、関電の八木誠会長と岩根茂樹社長は2日の記者会見で、問題を認識したにもかかわらず公表を見送ったことについて謝罪を繰り返した。だが経営陣への追加処分は見送られ、経営責任を追及する声が強まりそうだ。【宇都宮裕一】

 関電は昨年7月から社内調査を行い、同9月に調査報告書をまとめていたが、2日の会見まで公表せず、批判の声が強まっていた。「対外公表が遅すぎる。違法でないから公表しないというのはおかしい」。2日午前に開かれた臨時取締役会では、出席した社外取締役が八木会長と岩根社長を厳しく批判。2人の経営責任を問う声も上がった。

この記事は有料記事です。

残り1530文字(全文1848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです