連載

変革

時代の波にもまれる日本企業や組織を描く「変革」第11部は、04年の球界再編問題から大きく変化してきたプロ野球のパ・リーグに迫る。

連載一覧

変革

第10部 マルハニチロ/12 石巻の声、経営陣動かす

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
マルハニチロ新石巻工場で作業に当たる従業員=加藤美穂子撮影
マルハニチロ新石巻工場で作業に当たる従業員=加藤美穂子撮影

 「まただめだったか……」。2011年3月の東日本大震災でマルハニチロ石巻工場(宮城県石巻市)が被災し、新工場建設に向けて動き出した工場長(当時)の山口龍一(61)は壁にぶつかっていた。被災企業の設備復旧費を負担する国の補助金を申請していたが、中小企業が優先されたため審査を通らず、13年3月に3度目の「落選」が通知された。

 「津波で家族が亡くなった」「何とかして働けないか」。地元に残った従業員たちの傷痕は深く、思いに応えたかったが、本社からは「補助金がだめなら新工場は無理」との声が聞こえてきた。落胆する山口に「新しい補助金制度があります」と声をかけたのが、石巻市で企業誘致を担当していた高橋秀和(47)だった。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1137文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集