メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊国賠訴訟 除斥期間起算点、争点化へ 原告「17年2月」 控訴審

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき10代で不妊手術を強制されたとして、宮城県の60~70代の女性2人が起こした国家賠償請求訴訟の控訴審を前に、原告弁護団は、不法行為から20年で損害賠償請求権が消滅する民法上の「除斥期間」の起算点を、日本弁護士連合会が旧法の違憲性を指摘した「2017年2月」と主張する方針を決めた。近く仙台高裁に控訴理由書を提出し、除斥期間の争点化を図る。弁護団が取材に明らかにした。【遠藤大志】

 控訴審の第1回口頭弁論は来年1月20日。1審の仙台地裁で原告側は除斥期間について「適用は憲法違反」…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 羽生SP97.43で2位 首位チェンは110.38 GPファイナル

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです