メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Stand・by・you!そばにいるよ

通所者の「ありのまま」見守る 就労支援施設の所長・玉井七恵さん(33)

 東京都内の知的障害者の就労支援施設で今春から所長を務める。バッグやアクセサリーなどを制作する「工房ぱれっと」と、焼き菓子を提供するカフェ「おかし屋ぱれっと」の運営を任されている。

 前職では障害がある子どもの発達支援に携わっていた。将来を悲観する保護者たちの姿を見て「障害のある子どもが大人になっても希望を持てるように」と成人を支援しているNPO法人に転職。大学で美術やデザインを学んだ経験も生かしたいと、今の仕事に行き着いた。

 工房の看板商品である「らぶらび」は、ウサギのぬいぐるみに通所者が端切れやボタンを飾り付けて完成させる。縫い目が不ぞろいだったり糸が飛び出していたりと統一感はないが「作り手の個性を生かしたいので極力手直しはしない」。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです