メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

冠水でも成長するイネの仕組み解明 名大・東大などのチーム

 <ピックアップ>

 水田で育つイネが、根が冠水した状態でも酸素や栄養をうまく取り込み順調に成長する仕組みの一端を、名古屋大と東京大などの研究チームが明らかにし、米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。小麦やトウモロコシなど、大量の降雨で被害が深刻化する農作物に仕組みを応用することで、耐湿性の高い品種を作り出せる可能性があるという。

 畑で育つ植物などの根は、土が冠水してしまうと成長に必要な土壌中の酸素を取り込めなくなり、成長しにく…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです