メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

冠水でも成長するイネの仕組み解明 名大・東大などのチーム

 <ピックアップ>

 水田で育つイネが、根が冠水した状態でも酸素や栄養をうまく取り込み順調に成長する仕組みの一端を、名古屋大と東京大などの研究チームが明らかにし、米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。小麦やトウモロコシなど、大量の降雨で被害が深刻化する農作物に仕組みを応用することで、耐湿性の高い品種を作り出せる可能性があるという。

 畑で育つ植物などの根は、土が冠水してしまうと成長に必要な土壌中の酸素を取り込めなくなり、成長しにくくなる。一方、イネなどの湿性植物は、根に「通気組織」という隙間(すきま)があり、地上に出ている枝葉の部分から取り入れた酸素を通気組織を通して根の先まで行き渡らせ、順調に成長できることがわかっていた。

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです