メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 勝つ時も負ける時も=村田諒太

 

 ここ1カ月ほどで、講演を5回させていただきました。1回目は北海道のボクシング関係者向け、2回目は福島で建設会社の記念事業。3回目は少年院で、4回目は学生で起業したりNPOなどを立ち上げたりしている人たち向け。5回目は東京五輪を目指す選手や、次世代のアスリートに向けた講演でした。

 どれもすごく良い機会で、特に少年院では、負けても諦めずに結果を出した自分だから伝えられることも多く、ものすごくやりがいを感じました。

 逆に、自分の価値観とは少し違うなと思ったのが、4回目の講演でした。新しい世代の人たち、いわゆる現代…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 八戸きりつけ 住民「静かな住宅街でなぜ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです