メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大企業がため込んだ資金をベンチャー投資へ 未来投資会議がルール整備方針

未来投資会議で発言する安倍晋三首相(手前)=首相官邸で2019年10月3日午後5時21分、川田雅浩撮影

 政府は3日、成長戦略を議論する「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)を開き、企業が社内にため込んだ資金を投資に振り向けるための方策について議論を開始した。大企業によるベンチャー企業向け投資を進めるための環境整備や、税制について検討を行い、年末に本格化する予算編成や税制改正論議に反映させる考えだ。

 日本企業が保有する現預金は2012年度の約190兆円から18年度には約240兆円と約26%増加。特に大企業で資金をため込む傾向が強く、利益を研究開発投資に振り向ける割合も右肩下がりとなっている。

 会議では、大企業とベンチャー企業のM&A(合併・買収)などを促すため、税制面の優遇措置を求める意見が相次いだ。また、大企業がベンチャーと共同開発などで提携する際、大企業に知的財産を独占されることへの懸念が協業の壁となっていることから、契約などのルール整備を進める必要があるとの意見が出た。これを受け、経済産業省がガイドラインを早急に策定する。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです