メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河野防衛相、北朝鮮の新型SLBM「準中距離弾の可能性」射程2500キロも

閣議に向かう河野太郎防衛相=首相官邸で2019年9月17日、川田雅浩撮影

 河野太郎防衛相は3日、北朝鮮の2日のミサイルについて「準中距離弾道ミサイル(飛距離約1000キロ以上3000キロ未満)となる可能性がある」との分析を示して「深刻な脅威だ」と語った。米政権が事実上容認する短距離弾ではない可能性を指摘した。防衛省内で記者団に話した。「新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SL…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです