メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本、韓国に情報提供へ 北朝鮮ミサイルで 軍事協定破棄の再考促す

 北朝鮮が2日に発射した弾道ミサイルについて、日本政府は日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)に基づき、韓国側に情報を提供する。協定は韓国側が8月に破棄を決め、11月下旬に有効期限が切れることになっている。日本側は韓国側に協定破棄の再考も促す構えだ。

 韓国の鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相は2日、GSOMIAに基づく情報共有を日本に求めたと明かしていた。ミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下しており、韓国側は詳細な分析には落下地点に近い日本の情報が不可欠と判断したとみられる。日本政…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです