メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンマ水揚げ 今季最高も漁場は公海 水揚げ戻るか見通せず

巨大な網で船から水揚げされるサンマ=北海道根室市の花咲港で、本間浩昭撮影

 今年のサンマ漁が記録的な不漁に見舞われる中、全国の港で2日、1000トンに迫る今季最高の水揚げがあった。漁場は1200キロ以上離れていた1カ月前より近くなったものの、いまだに650~870キロの公海。水産庁は9月下旬には漁獲量が回復するとの見方を示していたが、魚群は薄く、順調に水揚げが戻るかどうかは見通せない。

 漁場に最も近く、サンマの水揚げで9年連続日本一の花咲港(北海道根室市)には同日、34隻(大型船22隻、小型船12隻)で約784トン(速報値)が水揚げされた。この日は三陸でも計159トン(大船渡港119トン、気仙沼港27トン、宮古港13トン=いずれも速報値)が水揚げされ、花咲港と合わせた総計は943トンと今季最高の水揚げとなった。記録的不漁を反映し、花咲港で行われた午前7時の競り値は、高値で1キロ…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 東京都で新たに22人の感染確認 20人超は15日ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです