メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「金の小判なんていつの時代だ」 関電会見 地元・福井からも怒り

関西電力の記者会見を受け「長年改善できなかったことは驚きで怒りに近いものを感じる」などと不快感を示す杉本達治・福井県知事=福井市大手3の県庁で2019年10月2日、大森治幸撮影

 関西電力幹部ら20人が高浜町の元助役(故人)から金品を受け取った問題で、福井県内の関係者からは「まだ辞めないのか」「金の小判なんていつの時代だ」などと批判の声が上がった。

 高浜町の松味良幸・建設業協同組合理事長は「送られた金品を聞くと、漫画や作り話のようでそんなことがあるのか」と驚きの声を上げた。今回の問題は個別の事案で、組合は無関係だという姿勢を示し「当分は事態を見守りたい」と話した。高浜原発での工事も請け負う地元業者は「金杯や小判…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです