朝鮮学校無償化訴訟 原告の請求を棄却 名古屋高裁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
朝鮮学校無償化訴訟の控訴審判決で名古屋高裁に向かう原告の保護者や弁護士ら=名古屋市中区で2019年10月3日午後1時35分、兵藤公治撮影
朝鮮学校無償化訴訟の控訴審判決で名古屋高裁に向かう原告の保護者や弁護士ら=名古屋市中区で2019年10月3日午後1時35分、兵藤公治撮影

 朝鮮学校を高校無償化の対象に指定しなかったのは違法だとして、愛知朝鮮中高級学校(愛知県豊明市)の卒業生10人が国に1人当たり55万円の慰謝料などを求めた訴訟の控訴審判決が3日、名古屋高裁であった。松並重雄裁判長は請求を退けた1審・名古屋地裁判決を支持し、卒業生側の控訴を棄却した。

 同種訴訟は全国の5地裁・支部で起こされ、高裁判決は3件目。東京、大阪両地裁に起こした訴訟に対し、最高裁はともに退けている…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

あわせて読みたい

注目の特集