メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あいちトリエンナーレ補助事業外部審査員が辞任 不交付前に聴取なく「意味がない」

野田邦弘・鳥取大特命教授=加藤結花撮影

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」への補助金7820万円を文化庁が不交付としたことを受け、補助事業を選定する外部審査員を務めた野田邦弘・鳥取大特命教授(文化政策)が2日、文化庁に辞任を申し出た。不交付決定前に外部審査員への意見聴取がなく、「外部審査員の意味がない」と辞任の理由を説明している。

 この補助事業は「日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業(文化資源活用推進事業)」。外部審査員6人(氏名非公表)の審査を経て、4月25日付で国際芸術祭を含む26件の採択が決まった。5月30日、愛知県から補助金交付申請書が提出され、文化庁は受理したが、8月に企画展「表現の不自由展・その後」が脅迫を受けて中止された後、9月26日に全額不交付を発表した。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです