メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事実上謝罪の手紙「個別番組と関係ない」 NHK会長かんぽ報道延期で

毎日新聞が入手した昨年11月7日付の文書。元総務事務次官の鈴木康雄・日本郵政上級副社長が、NHK経営委員会宛てで、同局の上田良一会長を厳重注意したことに感謝し、総務省で放送行政の担当幹部だったことを強調している

 かんぽ生命保険の不正販売問題を追及したNHK「クローズアップ現代+(プラス)」の番組を巡り、日本郵政グループの要求を受けたNHK経営委員会から昨年10月に厳重注意された問題について、NHKの上田良一会長は3日の定例記者会見で、昨年8月の放送を目指していた番組の続編延期などについて「番組を放送する時期や内容は取材の積み重ねの結果で、自主自律や番組編集の自由が損なわれた事実はない」と述べ、郵政側からの一連の申し入れは影響していないとの見解を示した。

 その上で「十分な取…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 訪日外国人「2030年に6000万人」の“リスク”

  5. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです