メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電、野党ヒアリングを欠席 第三者委設置など理由

記者会見する関西電力の八木誠会長(左)と岩根茂樹社長=大阪市福島区で2019年10月2日午後3時23分、平川義之撮影

 関西電力の幹部らが福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていた問題で、野党各党は3日、関電側から事情を聴くための合同ヒアリングを国会内で開いた。しかし、関電は弁護士による第三者委員会を新たに設けることを理由に出席を拒否。野党が関電の対応を強く批判したほか、資源エネルギー庁に調査委員会を設けることを求める声も相次いだ。

 合同ヒアリングでは「これでは国会審議ができない」「関電が人選した委員会では信用できない」などの批判…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです