メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

私道を封鎖するブロック=長崎市青山町で2019年10月3日午後0時26分、今野悠貴撮影

 長崎市青山町の団地内を通る私道の通行を巡り、所有する業者(福岡県)と住民が対立している。通行料の支払いを求めた業者側と住民側の折り合いがつかず今月、一部が封鎖された。買い物や通院など日常生活に不可欠な道路が使えない事態になっており、100世帯以上に影響が出るとみられる。住民らは困惑し、法的措置も検討している。

 同町はJR長崎駅の北西約3キロの斜面地にある住宅街。市土木総務課によると、私道は青城(せいじょう)自治会内の団地を通る総延長約700メートルで市道に接続している。団地が1960年代以降に整備されてから、住民が自由に利用していた。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです