メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナノサイズの歯車ぐるぐる 超極小 奈良先端科学技術大学院大など成功

 大きさ2ナノメートル(ナノは10億分の1)の分子の歯車2個をかみ合わせて連動させ、その様子を観測することに、奈良先端科学技術大学院大(奈良県生駒市)のゲナエル・ラッペン教授らでつくる日仏米の研究チームが世界で初めて成功した。医療分野などへの応用が期待される「分子機械」の実用化に向けた成果という。

 研究成果は英・ネイチャーコミュニケーションズ誌のオンライン版に掲載された。

 分子歯車は、5本足の台と3枚羽根のプロペラを、ベアリング(軸受け)の役目を果たす金属イオンでくっつけている。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです