ナノサイズの歯車ぐるぐる 超極小 奈良先端科学技術大学院大など成功

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大きさ2ナノメートル(ナノは10億分の1)の分子の歯車2個をかみ合わせて連動させ、その様子を観測することに、奈良先端科学技術大学院大(奈良県生駒市)のゲナエル・ラッペン教授らでつくる日仏米の研究チームが世界で初めて成功した。医療分野などへの応用が期待される「分子機械」の実用化に向けた成果という。

 研究成果は英・ネイチャーコミュニケーションズ誌のオンライン版に掲載された。

 分子歯車は、5本足の台と3枚羽根のプロペラを、ベアリング(軸受け)の役目を果たす金属イオンでくっつけている。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文552文字)

あわせて読みたい

注目の特集