メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめアンケ文を図工に再利用 熊本市立小 「パンチされた」結果記載

熊本市役所=熊本市中央区で2019年2月20日、城島勇人撮影

 熊本市立小学校が、いじめについてのアンケート調査で結果を集計した文書を図工の授業で工作用紙として児童に配っていたことが3日、市教育委員会への取材で判明した。配った文書には児童の実名や、調査で得られた内容など個人情報が記載されていた。

 市教委によると、授業で配られたのは、同校が9月に児童を対象に実施…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  5. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです