メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氷河期支援「35~44歳」に疑問の声 国「統計上、割り切るしか」

埼玉県の就職氷河期支援プロジェクトを紹介するホームページ。「おおむね35~44歳」が対象と記載している

 応募が殺到した兵庫県宝塚市による就職氷河期世代の正規職員採用試験で、対象年齢を36~45歳(来年3月末時点)と設定したことに対し、「40代後半はだめなのか」などの抗議が相次いだ。氷河期は政府の資料や報道でも「35~44歳」と表現されることが多く、政府が来年度から始める支援プログラムに対しても、SNS上で「自分も氷河期世代なのに対象外」などの声が上がっている。対象はどこで区切るべきなのだろうか。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2784文字(全文3002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  3. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです