メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

W杯一色に染まる平尾誠二さんゆかりのレストラン 感謝胸に日本代表にエール

平尾誠二さんのサインが入ったボールを手にする「ビストロ・デ・純」店長の柴藤浩二朗さん=神戸市中央区で2019年9月5日午後8時28分、韓光勲撮影

 日本代表が強豪・アイルランドから歴史的勝利を挙げて盛り上がるラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会。その誘致に尽力し、3年前に53歳で亡くなった元代表監督、故平尾誠二さんが通った神戸市中央区のレストラン「ビストロ・デ・純」もW杯一色に染まっている。店長の柴藤浩二朗さん(51)は平尾さんへの感謝を胸に、初の8強入りを狙う日本代表に声援を送る。

 日本が優勝候補のアイルランドを撃破した9月28日。平尾さんの写真やサインボールが飾られた店は、常連客ら約20人で満員に。日本が逆転のトライを奪うと大歓声が起こり、ノーサイドの瞬間には涙を流す客もいた。

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです