メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上2019

ウォルシュ決勝進出ならず 2日連続自己新でも「壁は高かった」 男子400M

男子400メートル準決勝、3組4着のウォルシュ・ジュリアン=カタール・ドーハで2019年10月2日、久保玲撮影

 陸上の世界選手権は第6日の2日、ドーハで男子400メートル準決勝が行われ、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)は45秒13の3組4着で決勝に進めなかった。

 前日の予選で出した自己記録をさらに0秒01縮めたウォルシュだが決勝進出ラインまで0秒36差で届かなかった。「少しの自己新はうれしくない。やっぱり壁は高かった」と悔しげに話した。

 一つ外側のレーンのジャマイカ選手についていくイメージを持って走ったが、スタート直後から徐々に背中は遠ざかり、フィニッシュまで縮まることはなかった。結局、その選手が出した44秒77が準決勝突破の最低ラインで「スピードの違いを痛感した」と話した。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです