メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AZrena

オールブラックスの「ハカ」の歴史。その種類と使い分け方とは

情報提供:アズリーナ

ニュージランド国旗とラグビーボール

ラグビーのオールブラックス(ニュージーランド代表)が、試合前に行う儀式として有名な「ハカ」。その起源は、ニュージランドの先住民である「マオリ族」が、戦争時に身体的、精神的な準備や、一致団結を目的に行っていたダンスにあった。

ラグビーの試合において、初めてハカが披露されたのは1888年である。現在、オールブラックスのハカは「Ka mate(カマテ)」と「Kapa o Pango(カパオポンゴ)」の2種類が存在するが、2005年にKapa o Pangoが発表されるまでは、Ka mateのみが披露されていた。

出典:World Rugby

Ka mateは19世紀初頭にマオリの戦士によって作曲されたが、Kapa o Pangoはオールブラックスのために作曲されたものである。動画にあるKapa o Pangoは当初、喉をかき切るようなジェスチャーが不快であるとして、多くの批判が寄せられた。しかし、これはマオリ族の精神に則っており、身体に生命を吹き込むシンボルであると説明されている。

ハカの種類やリードする選手は、すべて試合直前にチーム内で決定されており、その試合の捉え方や対戦相手によって変化する。古くから伝わるKa mateのほうが認知度は高いが、大事な試合の時にはKapa o Pangoが披露される。

日本開催のラグビーW杯は、ハカの文化を知る良い機会でもある。ニュージランドと同じオセアニアのサモア、トンガ、フィジーにも独自のハカが存在するため、比較して見るのも面白いのではないだろうか。


情報提供:アズリーナ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです