メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クックパッドニュース

[100gのひき肉で]とろ〜りあんで温まる「そぼろあん」の作りおき5選

情報提供:クックパッド 利用規約

作りおきレシピや常備菜のアレンジ方法など、毎日のごはんに役立つアイデアを、クックパッドでも人気の料理研究家・鈴木美鈴さんが教えてくれます。素材の味を大切にした心と身体にやさしい作りおき常備菜で、日々の料理をラクして楽しみましょう。

ご飯もすすむ!そぼろあんの作りおきおかず

朝晩はだいぶ肌寒く感じるようになってきた今日このごろ。夕食にはあたたかい料理が食べたくなりますよね。そんなときは冷めにくく体もあたたまる「そぼろあん」がおすすめ。そこで料理研究家の鈴木美鈴さんに、100gのひき肉を使ってできるそぼろあんの作りおきレシピを教えてもらいました。

旬のかぼちゃがますますほくほくに

旬のかぼちゃの煮物をアレンジ。「パサつきやすいかぼちゃでも、そぼろあんのおかげでほっくほくになりますよ」と鈴木さんもイチオシです。

中華風かぼちゃのそぼろあん by 鈴木美鈴
【冷凍・作り置き】ほっこりかぼちゃに、中華風のそぼろあんがしっかり絡み、ご飯が進みます。冷凍保存も可能なのでぜひ。

淡白なこんにゃくをボリュームアップ

「味が淡泊なこんにゃくも、そぼろあんにすればボリュームのあるおかずになりますよ」と鈴木さん。できたてより1日おくほうが味がしみて美味しくなります。

こんにゃくの甘辛そぼろあん by 鈴木美鈴
こんにゃくにしっかり味が染み込み、とろみがついているので、とても食べやすいヘルシーおかずです。

レンジ調理だからあっという間に完成

じゃがいもや玉ねぎといった常備菜でできる1品。鈴木さんによると「レンジ調理なので時短で、あっという間にできあがる嬉しいおかずです」とのことです。

じゃかいものそぼろあん【作り置き】 by 鈴木美鈴
ホクホクのじゃがいもに、甘辛いそぼろあんが絡み、ご飯が進みます~♪常備野菜で作れるのであと1品という時、オススメです。

豆腐と鶏ひき肉のヘルシーなあんかけ

厚揚げを、鶏ひき肉のあんかけにしたヘルシーなおかず。「薄味ですが、それぞれの素材の旨味が出ています」と鈴木さん。

厚揚げ豆腐と鶏ひき肉あん【作り置き】 by 鈴木美鈴
カルシウム、鉄分、たんぱく質が豊富な厚揚げ豆腐をやさしい味のあんでいただく、心も身体も温まる1品です。

味がしみしみ!丼にしてもおいしい

大根に味がしみてご飯がすすみます。鈴木さんによると「そぼろあんが少し多めなので、ご飯にかけて丼にしてもいいですよ」という嬉しい1品。ランチにもぴったりですね。

しみしみ大根のそぼろあん【作り置き】 by 鈴木美鈴
短時間なのに大根には味がしみしみで、とろ~りあんに旨味があるのでご飯にかけて丼にも♪生姜入りなのでカラダもぽっかぽか。

野菜がやわらくとろとろで、子供も食べやすいあんかけの作りおきおかず。冷蔵庫に常備していると、夕食の時、あと1品に便利ですよ♪(TEXT:妹尾香雪)


「作りおきおかず」保存のルールをおさらい

保存状況により、保存期間は異なりますので、なるべく早く食べきりましょう。

  • 冷蔵庫や冷凍庫で保存…常温での保存は避ける
  • 清潔な保存容器を使用する…水滴や汚れは腐敗の原因に
  • 取り分け用の箸で取り出す…口に直接入れる箸や手でさわるのはNG
  • 冷蔵の場合は、2〜3日を目安に食べきる
  • お弁当に入れるときはレンジで再加熱&完全に冷ます
  • 作った日付を記しておく

鈴木美鈴さん

B2af5d47d5d3dbc548c4023d1854edd8 料理研究家。トータルフードコーディネーター。クックパッド公式レシピエール。作りおき・お弁当を得意とし、素材の味を大切に心と身体にやさしい家庭料理を考案、発信している。ウェブ・雑誌・企業へのレシピ掲載をはじめ、数々の料理コンテストにて受賞歴あり。著書に『盛るだけ つめるだけ 毎日かんたん 作りおき おかず』(オーバーラップ)。クックパッドにも絶賛投稿中♪>>>鈴木美鈴さんのキッチン

関連記事


情報提供:クックパッド 利用規約

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです