メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 強烈な夏の日差しが、穏やかな秋の涼やかさに移りつつある。気候変動への人々の思いの強さは過去の比ではない。今の映画興行が、その変動に少し似ている。毎週のように強力な大作が登場した夏から一転、中級クラスの作品が続く。少しばかりのさびしさも同じだ。

 ところで、このさびしさが邦画実写作品の一部低迷につながっているとしたら、気候との兼ね合いどころではない。夏興行でアニメーションのヒットが多く、邦画の実写作品は肩身が狭かった。だから秋となれば、…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです