メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉の酒、今年も届けます 台風で被災蔵元19社、参加決意 6日、都内でイベント

台風の影響で屋根が飛ばされた酒造施設=千葉県神崎町で2019年10月1日

 9月の台風15号では、千葉県内の酒蔵も6割以上が被災した。毎年秋に東京都内などで開いてきたイベントも一時中止が検討されたが、「こんな時だからこそ『がんばろう!千葉』を合言葉に地域を盛り上げたい」と酒蔵が立ち上がり、実施を決めた。6日に開催する。【町野幸】

 千葉県酒造組合(大塚完会長)によると、加盟する酒造会社39社のうち26社が台風の被害を受けた。酒造りの施設が壊れたり、停電で生酒を冷やすことができなくなったりしたという。

 大塚会長が経営する酒蔵「鍋店(なべだな)」(成田市)の神崎町(こうざきまち)にある酒蔵では、強風でトタン屋根が飛ばされ、瓶に酒を詰める充塡(じゅうてん)機などが雨で水浸しになって故障した。被災後、新酒の仕込みに間に合うよう従業員総出で蔵や機械の修復に当たり、台風通過から9日たった9月18日に再開。25日から仕込みを始めた。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです