メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震 花よ伝えて 「二つの被災地つながる」 /宮城

熊本市民病院敷地内の花壇にフランスギクを植える宮崎さくらさん=同市東区で

遺族、フランスギク植栽 移転再建の市民病院

 2016年4月の熊本地震で損壊した熊本市民病院(同市東区)で入院中に被災し、災害関連死に認定された熊本県合志(こうし)市の宮崎花梨(かりん)ちゃん(当時4歳)の母さくらさん(40)が2日、移転再建した熊本市民病院の敷地内にフランスギクを植えた。東日本大震災で娘を亡くした遺族との縁で、花を通じて震災の記憶を残すプロジェクトを知ったさくらさんは「花を見て、病院が新しくなった理由と命の大切さを思い出してほしい」と願う。【城島勇人】

 市民病院は当時、耐震基準を満たしておらず、全入院患者310人が転退院を余儀なくされた。重い心臓病を…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです