メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロケ地物語

東北から生まれた映画たち/3 おくりびと 山形・酒田 古ぼけた感じがいい

昨年7月に山形県内で巡回展示された「おくりびと」の英語版ポスター(左)と金色に輝くオスカー像=山形県酒田市役所で

「旧割烹小幡」昭和初期の洋館

 桜の名所として知られる山形県酒田市の日和山公園に続く坂道を上ると、道路左側に昭和初期の建築という3階建ての洋館、明治初期に建てられた2階建ての和館が見えてくる。明治初期に開業し、1998年まで続いた料亭「旧割烹小幡」(同市日吉町2)だ。

 2007年、酒田市を訪れていた滝田洋二郎監督は一目見て、こう断言したという。

 「ここしかない。この古ぼけた感じが気に入った」

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです