メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国体 自転車、メダルラッシュ 県初の天皇、皇后杯 「地元の応援 力に」 /茨城

メダルや賞状を手に喜ぶ茨城県の選手ら=茨城県取手市白山の取手競輪場で

 茨城国体自転車競技は最終日の3日、取手競輪場で各種目の決勝などが行われ、茨城県が初めて天皇杯(男女総合)と皇后杯(女子総合)に輝いた。個人では、少年男子スクラッチ(8キロ)の木村皆斗選手(18)=県立取手一高3年=と女子スクラッチ(8キロ)の梶原悠未選手(22)=筑波大4年=が金メダル。女子ケイリンの山口真未選手(27)=テクノスジャパン=が銅メダルに輝いた。【安味伸一】

 スクラッチは着順を競う競技で、少年男子と女子の決勝は400メートルコースを20周する。木村選手は1…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです