メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 昭和のくらし博物館(東京都大田区) 住んだ笑ったあの頃 /東京

 閑静な住宅街の中でひときわ古い木部外壁の2階建て民家。1951(昭和26)年建築で、生活史研究者、小泉和子館長(85)の家族が94年まで暮らした家だ。その建物と家財を「戦後の庶民のくらし」を伝える資料として丸ごと公開しており、主屋は国の登録有形文化財に指定されている。

 小泉館長の父で建築技師だった孝さんが自ら設計した。戦後、政府が長期低利で融資した初期の「公庫住宅」で、延べ床面積18坪(約60平方メートル)以下が要件のため、狭い空間を無駄なく活用して収納をつくり、資材不足は短い通し柱やベニヤ天板で補っている。一方、玄関を上がってすぐに「書…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです