メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸新幹線・金沢-敦賀間、延伸 建設工事の55%進行 人手や資機材不足が懸念 /石川

全国から労働者や資機材を集めて建設工事が進められている北陸新幹線の延伸区間=加賀市弓波町で、阿部弘賢撮影

 2023年春の開業を目指す北陸新幹線・金沢―敦賀(福井県敦賀市)間について、線路や駅などの施設を整備する独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」(横浜市、鉄道・運輸機構)が先月、建設工事の進行状況を公表した。用地買収やトンネル建設など事業全体の55%(予算ベース)まで工事が進んだという。一方、全国的な建設需要の高まりを受け、人手や資機材の不足が懸念されるとしている。【阿部弘賢】

 機構によると、工事延長約115キロの内訳は、高架橋約59キロ▽橋りょう約16キロ▽トンネル約38キ…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです