メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陶磁器の魅力に触れて 多治見でイベント多彩 美濃焼祭/陶の里フェス/茶碗まつり /岐阜

美濃焼祭などを紹介する関係者ら=岐阜県多治見市役所で

 秋の行楽シーズンを迎え、多治見市の各地で多彩な陶磁器廉売市が開催される。「第9回美濃焼祭」(12~14日)、「陶の里フェスティバルin市之倉2019」(12、13日)、「第42回たじみ茶(ちゃ)碗(わん)まつり」(13、14日)などが予定される。【立松勝】

 「美濃焼祭」はJR多治見駅の南北自由通路を会場にして美濃焼のギャラリーを開設。荒川豊蔵や加藤卓男ら、国の重要無形文化財保持者を含む陶芸家8人の作品を展示する。駅南広場、ながせ通り商店街、本町織部ストリートなどでも各種イ…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです