市民団体告発、八尾署が受理 市議住居問題で /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 市民団体「見張り番・八尾」(奥村貴夫代表)は3日、阪本忠明・八尾市議(48)が実際は同市外に住んでいるのに、同市に居住していると市役所に虚偽の届け出をしたとして刑事告発した問題で、八尾署が同日付で告発を受理したと発表した。

 告発状は、阪本市議が2014年12月に八尾市に届け出た同市の住所は親類のも…

この記事は有料記事です。

残り80文字(全文230文字)

あわせて読みたい

ニュース特集