メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

罪と更生の間で

再犯防止の現場/2 県更生保護給産会 見守り・支え、自立促す /鳥取

 「一般就労が難しければA型事業所で」「1週間から10日ほど預かり(地域生活)定着支援センターに紹介を」。鳥取市中心部に近い住宅街の一角に施設を構える「県更生保護給産会」の朝のスタッフミーティングの一場面だ。

 民間団体で寄付や国の補助を使い運営する更生保護施設の一つ。1899(明治32)年に創設された県出獄人保護会を前身とする歴史ある団体だ。身元引受人がいない人などを対象に最長6カ月間預かり、食事や寝床などを提供しつつ社会復帰を促す。現在30代~60代の出所者や、保護観察処分を受けている男性ら約10人が支援を受ける。

 施設での暮らしは規則正しく、掃除や食事などは当番制をとる。施設長以下6人の職員が支援に当たり、保護…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです