メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子供に良い教育環境を 男木島でプロジェクト設立 保護者ら改善点探る /香川

教育をテーマにした勉強会が開かれ、県内の教育関係者らと議論するシュローダーさん(左端)、西川真理子さん(左から2人目)、西川伸一さん(右から3人目)=高松市男木町の男木島で、金志尚撮影

 瀬戸内海に浮かぶ離島、男木島(高松市男木町)。島内にある唯一の小中学校の保護者らが「男木島、未来の教育プロジェクト」を設立し、子供たちにより良い教育環境を与えようと模索し始めている。既存の公教育の課題や改善点を保護者目線で見つけ出し、学校側にも投げかけながら最善の学びの形を探っていく試みだ。【金志尚】

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです