メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

シラク氏を助けた日本=西川恵

 <kin-gon>

 86歳で死去したフランスのシラク元大統領の国葬が9月30日行われた。クリントン米元大統領、プーチン露大統領など、各国から弔問客が参列した。日本は木寺昌人駐仏大使を列席させたが、シラク氏と日本の深い関係を考えれば弔問使節を送ってほしかった。

 使節を派遣しなかったのは死去から国葬まで4日と短かったこともあったかもしれない。国葬当日、安倍晋三首相が東京・南麻布の仏大使館を弔問し、現地の大使列席とバランスをとっている。しかしこれほど日本文化を愛し、その素晴らしさを公言した外国の政治指導者を他に知らない。今日の良好な日仏関係の基礎を作る上でも大きな役割を果たした。使節を特派してもよかったと思う。

 シラク氏は東洋、アフリカ、中南米などの文明全般に深い洞察を持っていた。その中で日本への愛情が突出し…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 住まいの貧困に取り組む元厚労事務次官の村木厚子さん 拘置所体験から見えた「根っこ」とは

  5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです