メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

シラク氏を助けた日本=西川恵

 <kin-gon>

 86歳で死去したフランスのシラク元大統領の国葬が9月30日行われた。クリントン米元大統領、プーチン露大統領など、各国から弔問客が参列した。日本は木寺昌人駐仏大使を列席させたが、シラク氏と日本の深い関係を考えれば弔問使節を送ってほしかった。

 使節を派遣しなかったのは死去から国葬まで4日と短かったこともあったかもしれない。国葬当日、安倍晋三首相が東京・南麻布の仏大使館を弔問し、現地の大使列席とバランスをとっている。しかしこれほど日本文化を愛し、その素晴らしさを公言した外国の政治指導者を他に知らない。今日の良好な日仏関係の基礎を作る上でも大きな役割を果たした。使節を特派してもよかったと思う。

 シラク氏は東洋、アフリカ、中南米などの文明全般に深い洞察を持っていた。その中で日本への愛情が突出し…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです