メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自公連立20年

安定優先 自公連立20年 安保、広がる溝

 1999年の自自公連立政権発足から5日で20年となる。それ以降、憲法改正を党是とする自民党と「平和の党」を掲げる公明党との連立は続き、野党時代を含めて選挙協力が続いてきた。ただ「政治の安定」の代償として、公明は政策面での妥協を迫られ、自民も公明依存への警戒感が強まる。これまでの歩みといまを検証した。【村尾哲、竹内望】

 「自公20年、公明党の皆さまに感謝する。まさに風雪に耐え、『ビューティフルハーモニー(美しい調和)…

この記事は有料記事です。

残り2589文字(全文2799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです