メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

関電幹部の金品受領

大島堅一氏

 関西電力の幹部らが、原発立地や工事に強くかかわってきた地元の人物から3億円余りの金品を受領していた。東京電力福島第1原発事故後も、現金や小判など常識外れの金品がやりとりされていた事実は、原発を巡る不透明な実態を改めて浮き彫りにするものだ。原発事業における企業と地元の関係、関電の企業体質を考える。

 電力会社から原発立地の業者に不透明な金の流れや工事発注があった、という話ならば過去に聞いたことがあるが、今回は逆に、地元の建設会社から電力会社に金品が供与された。いかに電力会社と原発立地の業者が癒着してきたかが、浮き彫りになった事案だ。

 3億円を提供できるほど、業者は原発関連工事でもうけていたということ。その「原発マネー」が地元の顔役を通して電力会社幹部に還流したのだろう。

この記事は有料記事です。

残り4157文字(全文4495文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです