メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

耳を澄まし人を思う

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 がん患者のうち2~3割は、不安やうつに苦しんでいるという。埼玉医科大国際医療センターの大西秀樹教授が8月下旬に出した「がん患者の心を救う ~精神腫瘍医の現場から」で知った。11年前に出版した本に、新しい知見の1章を加えた増補新版である。

 でも、患者はあまり心の不調を訴えない。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. セブンペイ詐欺、指示役の中国人女逮捕 「微信でIDとパスワード送られてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです