メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米EU、摩擦再燃 米報復関税 世界経済に重し

 米国が欧州連合(EU)に対する新たな追加関税を発動する方針を発表したことで、昨年7月以来小康状態にあった米欧の貿易摩擦が再燃することになった。米中に続き、米欧でも対立が激化すれば世界経済にとっても重しとなるだけに、懸念が強まっている。

 「今、報復措置の適用を選択することは短絡的で逆効果だ」。EUのマルムストローム欧州委員(通商担当)は2日、欧州航空機大手エアバスに対するEUの補助金を世界貿易機関(WTO)が違法と判断し、米国に報復関税を認めた決定を受けて声明を発表した。EUは米国が報復関税を発動した場合に備え、4月に報復関税のリストを既に公表している。マルムストローム氏は、EUとしては報復関税によらない解決策を模索してきたとしたものの、「米国が報復関税を課すと判断すれば、EUは同様の措置を取らざ…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです